ポップアップタグ_edited_edited.png

World Fisheries Congress 2021(世界水産会議、9月20~24日)にて、オンデマンド(事前収録)形式で研究発表に参加しています。本会議に参加している方は是非、ご覧ください。

業績欄に要旨をアップロードしました。

image0(1).png

樋口 貴俊
Takatoshi Higuchi

東京大学 大気海洋研究所 附属国際・地域連携研究センター

地域連携研究部門 大槌研究拠点

日本学術振興会特別研究員PD

博士(生物資源科学)

––––––––––––––––––––––––

The University of Tokyo

The Atmosphere and Ocean Research Institute

Otsuchi Coastal Research Center

JSPS Research Fellow, Ph.D

日本人にとって蒲焼きとして親しまれているウナギ.

その回遊生態に関する研究を行なっています。特に、成長したウナギが繁殖のために数千kmも離れた繁殖場へ

移動する産卵回遊に興味を持ち、回遊中の行動特性や定位メカニズムの解明を目指しています。

NEWS

2022年4月05日

組織改変に伴い、所属名称が変わりました

東京大学大気海洋研究所の組織改変に伴い、2022年4月1日付けで附属国際・地域連携研究センター 地域連携研究部門 大槌研究拠点の所属となりました。

2022年4月05日

【記事】日本水産学会誌「水産科学の未来を拓く 若き出世魚たち」に寄稿文が掲載されました

日本水産学会誌 第88巻2号(2022年03月15日発行)において、若手研究者を紹介するコラムに記事を寄稿させていただきました。

4月1日付けでJ-STAGEでも公開されましたので、是非ご覧ください。[LINK: J-ASTAGE]

2022年4月01日

【研究費】令和4年度 科研費 若手研究に採択されました

令和4年より交付される、科研費若手研究(研究代表者、単独)に課題が採択されました。

研究課題「産卵回遊を行うニホンウナギの航海機構を探る」[LINK: KAKEN]

お問い合わせ
CONTACT

【 JP 】

〒028-1102 岩手県上閉伊郡大槌町赤浜1丁目19番8号

東京大学大気海洋研究所大槌沿岸センター

 

[メール]  t-higuchi _.a.t._ aori.u-tokyo.ac.jp    (" _.a.t._ "を"@"に置き換えてください)

[電話] 0193–42–5611

––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––

【 EN 】

1-19-8, Akahama, Otsuchi, Iwate 028-1102, Japan

Otsuchi Coastal Research Center, The Atmosphere and Ocean Research Institute, The University of Tokyo

[Email] t-higuchi _.a.t._ aori.u-tokyo.ac.jp    (Replace " _.a.t._ " to "@")

[Phone] +81–193–42–5611

Unique Access Accounts